第5期山崎塾写真展「11×14 Fine Prints Session」

第5期山崎塾写真展「11×14 Fine Prints Session」

第5期山崎塾展_DM_160218

レンタル暗室&ギャラリーPIPPOで行われた第5期山崎塾の写真展が開催されます。

山崎塾では、第5期の課題として、銀塩写真とインクジェットによる
ファインプリントの制作と展示までを全8回、約5ヶ月にわたり行いました。
写真の原点である、ダゲレオタイプに始まり、種々の技法作例、
現代の名作の数々を手に取って観察し、写真本来の描写性と表現の可能性を再考。
「良いプリント」とはなにか、「魅せるプリント」とはどういうものなのか、
イメージトレーニングをすることで、これまで以上の作品に仕上げることができる、
という考えを元に続けて参りました。
作者各自が写真術の基本に立ち返り、その結果、11×14(大四切)のプリントに
イメージを定着することができました。
そして、それらの作品を最も基本的な展示方法で発表します。

【展示作家】
森下克也/古谷 賢/関谷のびこ/上瀧由布子
櫻井伸治/戸叶佳克/加藤 新/小川厚樹/金野邦明

会場:ギャラリーPIPPO(東京都台東区浅草3-3-4-2F)
会期:2016年2月21日(日)–2016年3月1日(月)木曜定休
開場時間:11:00–20:00

☆オープニングパーティー(どなたでもご参加いただけます)
2月20日(土)18:00–20:00


出展者の上瀧由布子さんの個展も同時期に開催されます。
上瀧由布子 写真展「空せ身」
会場:エプソンイメージングギャラリー エプサイト
会期:2016年2月19日(金)–3月10日(木)

こちらも合わせてご覧ください。