北 義昭 KITA Yoshiaki 「原始の記憶」 Primal Memento

北 義昭 KITA Yoshiaki

北 義昭  KITA, Yoshiaki  略歴

1967年、大阪府に生まれる。1988年、日本写真映像専門学校卒業。以後、ヨーロッパ、アフリカ、アジアなど世界を旅し、子どもや遺跡、風景や動物などを題材に原始の時代から受け継がれた記憶の撮影をしている。2004年には世界2大陸横断の旅に出発。ユーラシア大陸からアフリカ大陸まで、約35,000kmの道のりのほとんどを陸路で進んだ。その中で、少数民族の子どもたちや動物の写真を撮影。地球上に多様な民族や生物が住んでいることに改めて気がつかされる。現在、宝塚大学造形芸術学部非常勤講師。世界中を旅して撮影を続けている写真家である。

※広尾・アート・フォト・マーケット 第ゼロ回 出典作品

「原始の記憶」 “Primal Memento”

プリントサイズ:10x12inch (254 x 305mm)
アーカイバル・インクジェット・プリント  Archival inkjet print,
30部限定 直筆サイン入り Edition of 30 Signed
¥54,000
<14×17インチ、マット付き、額代別、税込み>

Armadillo

Armadillo © Yoshiaki Kita/photo classic

AvenueDuBaobab

AvenueDuBaobab © Yoshiaki Kita/photo classic

L-Ostrich,C-Kaaura,R-Baobab

L-Ostrich,C-Kaaura,R-Baobab © Yoshiaki Kita/photo classic

Petra

Petra © Yoshiaki Kita/photo classic

※額の形状や色は実際と異なります。

北 義昭 Yoshiaki Kita

略歴

1967年、大阪府に生まれる。1988年、日本写真映像専門学校卒業。以後、ヨーロッパ、アフリカ、アジアなど世界を旅し、子どもや遺跡、風景や動物などを題材に原始の時代から受け継がれた記憶の撮影をしている。2004年には世界2大陸横断の旅に出発。ユーラシア大陸からアフリカ大陸まで、約35,000kmの道のりのほとんどを陸路で進んだ。その中で、少数民族の子どもたちや動物の写真を撮影。地球上に多様な民族や生物が住んでいることに改めて気がつかされる。現在、宝塚大学造形芸術学部非常勤講師。世界中を旅して撮影を続けている写真家である。

受賞

1998年 ナショナルジオグラフィック(日本語版)コンテスト グランプリ

個展

2003年 『Animals』(Gallery ississ、京都)
2007年 『Eyes』(Gallery [illum]、韓国・ソウル)
2010年 『原始の記憶』(Photo Gallery International、東京)

グループ展

2008年 『Bravo Beijing Olympic(Free Tibet)』展(ARTBIT GALLERY、韓国・ソウル)
2009年 『禅 ZEN』展(ギャラリー・カンテルモ、アメリカ・ニューヨーク)
2009年 パリ・アートフェアー出展(”Eyes”、“Land of Animals”)(フランス・パリ)

出版物・雑誌掲載

2008年 『デジタルカメラマガジン』7月号「アジアの眠る夢」(日本版、韓国版)
2009年 『風の旅人』38号(10月号)(原始の記憶)
他、海外雑誌多数

その他の作品